インフィニット・デンドログラム1 可能性の始まり/海道左近

"<Infinite
-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
無限の可能性を秘めたリアルすぎるゲームを舞台としたVRMMOもの。
この巻はチュートリアル的でまさに序章という感じでした。
ただ、ストーリーのテンポは良いし、キャラは個性的で関係性がユニークだし、なにより設定が素晴らしい。
常に引っかかっていた違和感が伏線となるラストの展開を読んで、このシリーズは今後も追いかけようと決めました。この流れは絶対面白くなるやつ!

☆あらすじ☆
各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を起動する――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む インフィニット・デンドログラム1 可能性の始まり/海道左近

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3 (角川ビーンズ文庫)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
本編完結後の後日談や、メアリとアディの子供時代のエピソードを含む短編集。
最後までめちゃくちゃ笑えて楽しい主従ラブコメでした!

☆あらすじ☆
表は完璧・実は残念お嬢様メアリは従者アディとゴールインして、めでたく物語はハッピーエンド……では終わりません! メアリ最大の夢、渡り鳥丼屋開業が遂に実現!? 他にも本編のその後を詰めこんだ短編集登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき