インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告/永菜葉一

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)
インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
めちゃくちゃ面白かった!
近未来SFで異能バトルでボーイ・ミーツ・ガールな青春小説。
「未来視」の集団感染という謎の奇病に混乱する世界で、大量殺人鬼となる未来に葛藤する少年は、自分を救う可能性を持つ監視者の少女と出会うのです。
色々な要素が複雑に絡みつつもスピード感のある展開に一気に引き込まれ、未来に抗おうとする主人公の戦いに胸が熱くなりました。
これは絶対にシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
3分後、僕の未来が決まる。3年後、君が救いにきた
西暦2021年に発見された病 “夢現譜症候群”。
感染した人間は必ず “2029年12月31日”に3分間だけ意識が飛ばされる=“未来が視える”というその現象。14歳のレオはロンドン市内で無差別に人を斬り裂く未来を体験する。
「どうして俺が殺人鬼なんだよ!?」
絶望と共に未来視から戻ってきた彼にはある異能が目覚めていた―。
3年後、Xデーが迫る中、ある少女がレオのもとに現れる。
「あなたを殺しにきた」と告げながら。
近未来SFバトル開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告/永菜葉一

0能者ミナト10/葉山透

0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)
0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
面白かったー!!
スピンオフ的なユウキ回。終盤の展開が予想外すぎて目を剥いた・・・!
孝元さんの苦い初恋話がスタートした今回の事件は、なんだか切なくなる読後感がしっとりと素敵でした。

☆あらすじ☆
強大な怪異をも一刀で斬り伏せる、美しき怪異討伐の手練、赤羽夏蓮。若き日の孝元が恋した彼女は、しかし怪異に絡む事件を経て姿を消した。その後彼女の行方を知った孝元は、一人の少年に出会う。その少年こそ、母譲りの強大な法力を持つ夏蓮の息子、赤羽ユウキだった。そして時は経ち、ユウキの前に彼の父と目される科学者が現れる。いわく、ある薬で法力を消すことができるという。それはまさに、科学で怪異をねじ伏せるがごとき事態。あろうことかユウキは薬の力で法力を失い、クラスメイトと怪異事件に巻き込まれてしまうのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 0能者ミナト10/葉山透