キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉/渡辺恒彦

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)
キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
隠れオタク×隠れ腐女子のすれ違い系ニセ恋人ラブコメ第2弾。
1巻を上下巻に分けた意味がよくわからなかったものの、ラブコメとしては面白かったです。
隠れオタクあるあるが身につまされるw

☆あらすじ☆
「隠れオタク」として高校デビューを果たした村上政樹は、「隠れ腐女子」の長島薫子と「偽装恋人」関係を続けていた。二人ともがオタクであることを知らぬまま。自分がオタクであることをバラさないよう、慎重に。デートの約束も取り付け、順調に恋人としてのイベントを積み重ねる二人。だが、二人が本当に楽しみにしていたイベントは別にあった。それこそがオタクの祭典、同人誌即売会! オタクの血が騒ぎ、理性を失う空間。そこで二人は同時に居合わせてしまい……。そして、同人誌即売会後に二人にとっての初デート当日を迎えることに!? 政樹と薫子の「偽装恋人」関係と彼らの「秘密」の行方は!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉/渡辺恒彦