超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!4/海空りく

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 4 (GA文庫)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 4 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
民主国家の樹立に成功した超人高校生たちの活躍を描く異世界ファンタジー第4弾。
天使の手から離れようと現地民も頑張ってはみたけれど・・・という波乱の外交回でした。

☆あらすじ☆
北部四領を帝国の圧政から解放し、民主国家《エルム共和国》の樹立を宣言した超人高校生たち。人々が新たな時代の到来に歓喜する中、帝国から休戦の申し入れが届いた。
図らずも訪れた平和な時間。リルルと林檎の恋の直接対決が勃発したりしつつも、超人高校生たちは国家としての体裁を急速に整えていく。
そんなエルムの大きな柱となるのが独自通貨の発行。勝人はエルクらとともに経済の安定のため、周辺国家との通商会議に臨むが――!?
「ここから先は俺の流儀でやらせてもらう」
地球最高の実業家がついに本気を見せる!? 異世界革命物語第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!4/海空りく