借り暮らしのご令嬢/江本マシメサ

借り暮らしのご令嬢
借り暮らしのご令嬢

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
素直じゃない苦労性の騎士と不遇な没落令嬢のすれ違いを描いた王道ラブコメ。
ツンデレヒーローの言動にやきもきさせられつつ、ヒロインとのじれったい微妙な距離感を楽しめる作品です。
健気に主人公を慕うヒロインが可愛すぎてきゅんきゅんするので、主人公には早く素直になってもらいたい。
シリーズ化に期待しています!

☆あらすじ☆
社交界で「麗しの薔薇」と讃えられる高嶺の花、美しき伯爵令嬢アニエス。騎士で貧乏貴族のベルナールは、アニエスに夜会の晩、生まれや育ちを嘲笑うような蔑んだ目で見られたことを根に持っていた。最悪の出会いから5年、アニエスの家は突然没落する。何もかも失い、代わりに悪評のみが残ったアニエス。そんな彼女に手を差し伸べたのは、ベルナールだけだった。ただし、「使用人としてなら」という条件付きで―。誤解から始まる、不器用な恋愛劇、開幕!書き下ろし短編『ジジルの日記帳』も収録!特別収録『悪辣執事のなげやり人生』コラボ短編。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 借り暮らしのご令嬢/江本マシメサ