狂気の沙汰もアイ次第/神田夏生

狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)
狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
宇宙人に拉致された7人の日本人が、閉鎖空間のなかで狂気に苛まれながら「アイ」について考えていくというサスペンス。
宇宙人からの理不尽な要求に精神をガシガシと削られながらも、予想以上に真剣に「愛とは何か」を考えていく物語は読み応えがありました。
読後感もまた、意外にも悪くない。
しかしこれ続刊予定が出てるけれど一体どうやって続くのだろう?

☆あらすじ☆
水を飲んだら、無差別殺人。監禁期間は無期限。
宇宙人により遠く離れた星まで拉致された、山口健次ほか地球の男女7人。彼らは宇宙人から「《アイ》を理解するために、あなたたちを観察する」と宣言される。脱出不可能な集団生活の中で、皆に与えられる水分は「飲むと人を殺したくなる水」だけ。当初は、殺人衝動なんて理性で抑えられると自分に言い聞かせていた山口だが──。
人は水を飲まなければ乾き、飢え、死ぬ。理不尽な絶望の中に見つけたわずかな希望とは? そこに賭けた山口のたどり着く結末は? 殺したくない! 殺されたくない! 衝撃のサスペンス・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂気の沙汰もアイ次第/神田夏生