覇剣の皇姫アルティーナ11/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXI (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXI (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
なんかすごく久しぶりと思ったら前巻は去年の11月でした。長かったなぁ。
今まで以上に「これまでのあらすじ」が役に立ちましたw
内容的には最終章に突入してもおかしくなさそうだけど、今回はまだ下準備的な1冊。続きがとても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
対立するレジスとラトレイユ! 新皇帝に抗う一手とは――!?
レジスの奇策によりグレボヴァール市奪還は成功し、難敵ハイブリタニア王国との戦いは決着した。戦功を立てたレジスは総督ラトレイユに改めて軍師として請われるも、理想の違いから決別を選ぶ。だがその結果、暗殺の手を差し向けられることに。危険を察知した彼は《吊られた狐》傭兵団と共に帝国第一軍からの脱出を図るのだった。果たしてレジスはアルティーナと再会できるのか!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ11/むらさきゆきや