魔法医師の診療記録4/手代木正太郎

魔法医師の診療記録 4 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 4 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
魔術×医療のファンタジー第4弾。
相変わらずのカオスっぷり。いやむしろいつも以上にカオスかも?
色んな方向に際どいネタをぶち込みすぎの砂漠の「海回」でした。
面白かったけれど、前半のクリミアとヴィクターの関係は胃が痛かった・・・・・・。

☆あらすじ☆
クリミアのスランプ。魔術を失った彼女は。
古代インスマ文明の発祥の地、インスマ砂漠。灼熱の地に現れた人魚の死体。それに呼応するように、見たこともない海の夢を見始める砂漠の人々。スランプ脱出のために、インスマ砂漠に拠点を置く魔法医学史の権威・ハーネマンの元に訪れていたクリミアは、住人たちを治療しようと主張し続けるが、魔術を使用できなくなった彼女に為す術などない。さらに彼女の隣には、常にあったはずのヴィクターの姿がない。そこに、人魚の噂を聞きつけた、悪名高き解剖医ヴァネッサ・キャスパーが訪れる。再会する二人。深まる人魚の謎。
片や結社の病院に一人残されたヴィクターは、クリミアを求めて旅に出る。インスマ砂漠を取り巻く謎を追うクリミアとヴァネッサ。ドゥンに冒されながらも旅を続けるヴィクター。それを支えるイングリド。
そんな彼らの影で、ついにラー聖教が擁する最強の〈鉄鎚〉ラ・ピュセルが動き出す。黙示録の悪魔を殺すために存在する彼女の存在は、クリミアとヴィクターの旅、そして二人の関係にどのような危機をもたらすのだろうか。
魔法医師の結社と教会の意外な関係。そしてヴィクターが罹患した妖病が、世界にもたらす影響とは。
魔法医学史の根底を覆す、第4集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録4/手代木正太郎