令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
病弱令嬢と毒舌悪魔が、悪魔が潜む絵画を探すというファンタジー。
人外×美少女で、契約主従で、絵画に悪魔や宗教が絡むゴシックな雰囲気があり・・・・・・という、美味しいものが詰め込まれてますね!な作品でした。
主人公ふたりがローテンションな割に、掛け合いやノリがテンション高めなところがシュールな面白さを生んでいたと思います。
まだまだ序章な物語だけど、続けば更に面白くなりそうな予感。期待しています!

☆あらすじ☆
契約する。私に飼われなさい――令嬢と悪魔、秘密の関係とは……
絵画好きの伯爵令嬢リズは、叔父の画廊の臨時管理人ジョンから「あんたをくれ」と告げられる。それは恋ではなく、リズの持つ“絵画に棲む悪魔を見抜く目”が必要だから。実は悪魔のジョンに契約を迫られたリズは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森環