ノラ猫マリィ/十文字青

ノラ猫マリィ
ノラ猫マリィ【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
待望の「薔薇のマリア」再始動!万歳!!
「薔薇のマリア」の面影を残しつつも新しい「ノラ猫マリィ」の物語となっているので、薔薇マリ未読の方でも大丈夫(少し気になる箇所もあるかもしれないけど、ストーリー的には問題ないと思う)。場所も人も変わっていますしね。
しかし薔薇マリ既読なら随所でニヤニヤしまくれる最高の仕様。
薔薇マリって、超最低な世界で誰もが最高に人間くさく生きてるところが好きだったんですよね。
この「ノラ猫マリィ」でも必死に生きようとする輝きが眩しくて、ああ薔薇マリが受け継がれてるって思えて悶え死にそうでした。
もう一度彼らに会えるなんて幸せすぎて昇天する。
色々と切り口(組み合わせ?)も面白かったし、これは是非とも続けてほしいです。
実際、売れたら続刊もあるらしいので、頼む、頼むぞ・・・・・・!

☆あらすじ☆
ボクらは何度でも巡り会う――。「薔薇のマリア」ファン熱望! 最強タッグが送るマリア・ローズの新たな物語!
外縁都市グラムENDの掃き溜め《猥路》。世界と隔絶された超最低なこの場所から、空に焦がれて一匹の溝鼠が外に出た。名はマリア・ローズ。何も持たないマリアは、外の世界で言葉を、友を、仲間を手にしていく――
「僕が連れていく。きみたちを、外へ。死んじゃだめだ。生きよう」
マリアは大切な人たちを守るため、人を喰らい街を破壊する《化物》に立ち向かう……!! 美しく誇り高いマリアと仲間たちの最高な物語、新たなる幕開け。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノラ猫マリィ/十文字青