異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
徐々に糖度が出てきたような気がする美術ミステリー第4弾。
千景と透磨のじれったい関係も良いのですが、千景の過去がますます気になる展開になってきました。

☆あらすじ☆
成瀬家は、代々“禁断の絵”を守ってきた旧家だ。その絵が盗まれた。現当主の美津に絵をさがしてほしいと頼まれた千景と透磨だが、件(くだん)の絵は異人館画廊に置き去りにされていた。同時期、失踪中の次期当主候補・雪江が遺体で見つかるが、容疑者として浮上した男が千景の誘拐事件の関係者だと判明し!? 深まる謎の中、記憶の封印が次第に解けてゆく。緊迫の美術ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵