向日葵ちゃん追跡する/友井羊

向日葵ちゃん追跡する (新潮文庫nex)
向日葵ちゃん追跡する (新潮文庫nex)

評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
元ストーカーの防犯アドバイザーが、依頼人の死の謎を追うミステリー。
タイトルからコメディタッチを勝手に予想していたのですが、予想外に内容は重く、予想以上に後味はビターでした。
ストーカーの心理が正面から丁寧に描かれており、理解できてしまうとストーカーというのは哀れな存在なのだと悲しい気持ちに。
誰かを追い詰めるような想いが正しいわけがないけれど、主人公の想いを断罪することも私にはできないというか・・・・・・。
ミステリーとしてもなかなか面白かったし、随所に登場する防犯アドバイスも楽しい1冊でした。
個人的にはラストにもう少し救いがあれば文句なかったのですが、このへんは好みの問題なんだろうなぁ。

☆あらすじ☆
禁止されたはずの恋心。でも、あの人を救いたい! 原向日葵(はらひまわり)は、「おさらぎセキュリティ」ストーカー対策員の19歳。調査では暴走しがちと言われるけれど、自分的にはパンケーキ好きの普通の女子だと思っている。ただ一点、元ストーカーという消えない過去を別にすれば──。接近禁止を言い渡された恋人に殺人現場で再会し、向日葵の運命が再び動き出す。無実の彼を救いたい、でも彼には近づけない。ほろ苦青春ミステリー、疾走開始(テイクオフ)!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 向日葵ちゃん追跡する/友井羊