女子高生探偵シャーロット・ホームズの冒険 上・下/ブリタニー・カヴァッラーロ

女子高生探偵シャーロット・ホームズの冒険 上 (竹書房文庫)
女子高生探偵シャーロット・ホームズの冒険 上 (竹書房文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
シャーロック・ホームズとワトスン博士の子孫である2人の高校生が、学校で起こった連続事件の容疑者となり、その冤罪を晴らすためにコンビを組んで謎に挑むミステリー。
ホームズの子孫がヒロインの女子高生なのですが、彼女がホームズの悪癖まで受け継いでいたのは読んでいて辛いものがありました。というか、ヒロインのキャラや物語での扱い方が、この可愛い表紙からは想像できなかった・・・・・・。
それはさておき、原作を模倣した事件の数々や、シャーロットとジェームズの不安定だけどドキドキする相棒関係など見所の多い作品です。個人的にはミステリーというよりも青春小説として特に推したいところ。
未熟で孤独な天才少女と、ずっと憧れてきた彼女に近づきたい少年のボーイ・ミーツ・ガールものとして楽しめました。

☆あらすじ☆
ワトスン博士から数えて6代目の子孫、ジェームズ・ワトスンはロンドンからアメリカのシェリングフォード高校へ転校した。そこにはホームズ家の5代目にして女子高生探偵シャーロット・ホームズがいた! 美しい黒髪とグレーの瞳を持ち、推理と実験と薬に耽弱するシャーロットと、彼女の“相棒”になりたいジェームズ。……運命のようにふたりは出会い、そして事件は起こった。男子学生が殺され、傍らには蛇が――。 《まだらの紐(ひも)》になぞらえられた殺人事件の第一容疑者になったのはシャーロットとジェームズ……! ふたりはこの謎を解くことができるのか!?

以下、上下巻まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 女子高生探偵シャーロット・ホームズの冒険 上・下/ブリタニー・カヴァッラーロ