さよなら、サイキック1 恋と重力のロンド/清野静

さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド (角川スニーカー文庫)
さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
恋と超能力の青春小説。
重力を操る少年が、毒舌美少女や元病弱魔女と共に、超能力でバトルしたり「魔女の血」に振り回されたりする物語でした。
主人公の言動が微妙に好みから外れていたのですが、設定的にはこれから面白くなっていきそうな予感。期待しています。

☆あらすじ☆
その能力(チカラ)は、戦うためのもの――? この炎は、今宵、心の闇を照らすために。この魔力は、あの人と空を舞う体力を得るために。この重力は、あの娘をこの腕にしっかりと抱き留めるために――。
幼少期に重力を操る能力に目覚めるも、怠惰で平凡な高校生に落ち着いた獅堂(しどう)ログ。ある冬の夜彼は、“最後の魔女”という運命を背負った少女・星降(ほしふり)ロンドと出会い惹かれ合う。
その年の夏。クラス一の美少女・木佐谷樹軍乃(きさやぎ ぐんの)に強引に誘われ、共に郊外へ向かったログは、「鉄塔に登った距離に比例してスカートの裾を持ち上げる権利」に釣られ、頂上の絶縁碍子(ぜつえんがいし)を目指すことに。はたして、軍乃の強引なアプローチの真意は……!?
「失うのは簡単よ。恋をすると能力(チカラ)は消えるの」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さよなら、サイキック1 恋と重力のロンド/清野静