さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ

さよなら、シリアルキラー (創元推理文庫)
さよなら、シリアルキラー (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2015年5月刊。
最悪の殺人鬼を父に持つ少年が、街で起こった連続殺人事件の謎を追うミステリ。
殺人の英才教育を受けて育ったために、誰よりも自分自身を恐れ疑ってしまう少年の葛藤を描く青春小説でした。
少年の繊細な内面を深く深く掘り下げていくところに読み応えがあり、そのウェットな雰囲気が実に好み。
彼を取り巻く周囲の人々との関係性も魅力的だし、ラストのオチにはゾクゾクしました。
三部作の1作目ですが、この続きもとても楽しみです。

☆あらすじ☆
ぼくには連続殺人犯の血が流れている。ぼくには殺人者の心がわかる――ジャズは高校三年生。田舎町ロボズ・ノッドではちょっとした有名人だ。ある日町で衝撃的な事件が起きた。指を切りとられた女性の死体が発見されたのだ。連続殺人だとジャズは訴えたが、保安官はとりあわない。だが事件はそれだけでは終わらなかった。なぜジャズには確信があったのか。それは彼が21世紀最悪といわれる連続殺人犯の息子で、幼い頃から殺人鬼としての英才教育を受けてきたからだった。親友を大切に思い、恋人を愛するジャズは、内なる怪物に苦悩しつつも、自らの手で犯人を捕まえようとする。全米で評判の異色の青春ミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ