無欲の聖女1/中村颯希

無欲の聖女 1 (ヒーロー文庫)
無欲の聖女 1 (ヒーロー文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
孤児の守銭奴少年が、体が入れ替わってしまった少女の代わりに貴族令嬢として魔法学校に入学するという物語。
周囲の勘違いと妄想によって、実態からかけ離れた「聖女像」を押しつけられていく少年の学園生活を面白おかしく描いたコメディでした。
シリーズの方向性はまだあまり見えてこないのですが、とにかく勢いがあったので今後に期待したい作品です。

☆あらすじ☆
孤児のレオは筋金入りの守銭奴。ある日、路上に何かを描いていた美少女の頭上に屋根の重石が降りかかろうとしているのを見つけ、その少女を救う。しかしその結果、少女の描いていた魔法陣に足を踏み入れ、二人の体が入れ替わってしまう。少女は貴族社会を追われた侯爵令嬢の娘・レーナ。貴族の集う学院に招集されてしまうのが嫌で魔術を使って逃亡を試みていたが、それを邪魔したレオは魔術を掛けられ、片言でしか会話できなくなってしまう。腹を立てるレオだが報奨の金貨につられて学校に行くことに。二人は契約を交わし、それぞれ学院生活と孤児院生活を送るのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 無欲の聖女1/中村颯希