空棺の烏(八咫烏シリーズ4)/阿部智里

空棺の烏
空棺の烏【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2015年7月刊。
統一感あるデザインの文庫版で揃えたいなぁと思いつつ、先が気になりすぎて単行本に手を出しました。後悔はしてないし文庫版も買います。
今回は雪哉が山内衆となるために訓練学校に入学するというストーリー。学園ものならではの青春&友情要素がありつつ、シリーズ全体の話もどんどん動き出す読み応え満点の1冊でした。
雪哉の性格の悪さにワクワクせずにいられないし、コミカルなノリも楽しくてずっとにやけながら読んでいた気がしますw

☆あらすじ☆
人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界=山内を舞台とする、大人気「八咫烏」シリーズの第4弾。
本作の舞台はこの世界を統治する宗家の近衛集団「山内衆」を養成するための訓練学校「勁草院」である。15歳から17歳の少年たちが集められ、全寮制で上級武官になることを目指した、厳しい生活が待ち受けている。前作の『黄金の烏』で突如出現した人を喰う大猿へ立ち向かうため、次の日嗣の御子である若宮へ忠誠を誓った雪哉も新入生の一人。若宮の近習であった経歴や自らの経歴はあえて明かさず、勁草院での日々がはじまったものの、そこに待ち受けていたのは、若宮の母の実家である西家の御曹司・明留を中心とする若宮派のグループと、廃太子された若宮の兄・長束を再び皇太子へと推す南家系統の公近グループの激しい対立、さらに兄弟の父である金烏代の意向を重視する教授陣――間近と見られていた、若宮の即位が神官たちによって延期が決まるという不穏な空気の中で事件は次々に起こる。
実力主義が前提の学内で、貴族階級出身の宮烏と庶民階級出身の山烏の身分格差が歴然となるにつけ、山烏出身で雪哉と同室となった茂丸、あらゆる武術で天才的な腕をみせる千早らもこの争いに絡んでくる。果たして身体が誰より小柄な雪哉は、頸草院での争いを勝ち抜くことができるのか? そして若宮の即位はなるのか……。雪哉、明留、茂丸、千早という四人の少年たちのビルディングス・ストーリーとしての要素も強く打ち出し、友情あり、冒険ありの一冊!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 空棺の烏(八咫烏シリーズ4)/阿部智里

『謎好き乙女と壊れた正義』『謎好き乙女と偽りの恋心』/瀬川コウ

謎好き乙女と壊れた正義 (新潮文庫nex)
謎好き乙女と壊れた正義 (新潮文庫nex)

1巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
謎好き乙女シリーズ2巻&3巻。
どちらも面白かったです。
春一と早伊原の毒舌合戦みたいな掛け合いがすごく好き。
そして気を抜くと騙されるので、一生懸命引っかけを探しながら読むのが楽しいシリーズでしたw

☆2巻あらすじ☆
紫風祭。藤ヶ崎高校学園祭を早伊原樹里と回ることになった春一は、その道中で相次いで“謎”に遭遇する。開会式で用いる紙ふぶきの消失。模擬店と異なる宣伝看板を並べる実行委員。合わない収支と不正の告発。初夏の一大イベント真っただ中で起こる事件を追う中で、二人は学祭実行委員長・篠丸の暗躍を知る…。正義とは何か。犯人は誰か。切なくほろ苦い青春ミステリ、第2弾。

以下、各巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 『謎好き乙女と壊れた正義』『謎好き乙女と偽りの恋心』/瀬川コウ