妹さえいればいい。5/平坂読

妹さえいればいい。 5 (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。 5 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
ラブコメが一気に進んだ!!
ということもあって、いつも以上に面白かったラノベ作家ラブコメ第5弾。
京ちゃん回ともいうべき内容で、ヒロインから主人公にジョブチェンジしたような存在感を発揮していました。
本当に頑張ってたし可愛いかったし、なによりとても格好良かった!

☆あらすじ☆
伊月の担当編集である土岐健次郎(趣味:風俗通い)の推薦でGF文庫編集部でアルバイトすることになった白川京だったが、彼女を待ち受けていたのはバイトの領域を超えた恐るべき労働の日々だった。伊月や那由多といった問題児作家からの原稿回収、蚕のマンガのモデル(全裸)、那由多の取材(全裸)、連日の飲み会、作家や編集者からの無茶振り……。労働基準法なにそれおいしいの? 社会の厳しさを知り大人の階段を登る京(全裸)に、恋愛方面でも変化が……!? 身も心もさらけだす出版業界ラブコメ、衝撃の第5弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。5/平坂読

ゼロから始める魔法の書4〜6/虎走かける

ゼロから始める魔法の書 (4) ―黒竜島の魔姫― (電撃文庫)
ゼロから始める魔法の書 (4) ―黒竜島の魔姫― (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


総評:★★★★☆
美貌の魔女と獣の傭兵の旅を描く王道ファンタジーシリーズ。最新刊まで追いつきました!
ゼロと傭兵のラブコメも良いし、シリーズの敵の姿も浮き彫りになってきたし、巻を重ねるごとにどんどん面白くなっている印象。
ちなみにお気に入りキャラは神父です。
完全な味方じゃないけど敵にもなりきれず、いつの間にか傭兵たちに馴染んでいる上に高確率で毎回ズタボロになる神父さま・・・w

☆4巻あらすじ☆
世界を破滅へと導く【ゼロの書の写本】を作り出し、世界へとばらまいた謎の組織〈不完全なる数字(セストゥム)〉。 稀代の天才魔女ゼロと獣の傭兵は、その組織の情報を得るためゼロの故郷へ向かうのだが……その途中、2人が乗る貨物船は大海原の嵐にのまれてしまう。 ――命からがら辿り着いた地。そこは、神聖な竜が住まうと伝えられる“黒竜島”という名の火山島だった。 【ゼロの書の写本】の回収を急ぐ中、思わぬ足止めをくらう2人だが、その島には“魔法”が普及した国家が存在していて……。

以下、各巻のネタバレあり感想です。

続きを読む ゼロから始める魔法の書4〜6/虎走かける