その10文字を、僕は忘れない/持崎湯葉

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)
その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

評価:★★★★☆
2016年7月刊。
一日に10文字しか喋れない少女と、偶然に彼女の事情を知った少年の恋を描いた青春小説。
スケッチブックを経由する言葉のやりとりがくすぐったくて良い。甘酸っぱいやりとりの中で、彼女の心の傷に触れながら少しずつ近づいていく二人の関係性がたまらなく愛おしい作品でした。
ヒロインの持つハンデに絡めながら、誰かに恋をするということを率直に描いた王道のラブストーリーだと思います。
終盤のシーンはベタながら清々しくて最高にきゅんとしました。とても素敵な恋の話を読めて大満足です( *’w’)

☆あらすじ☆
ある日学校をサボった俺は、雨よけに寄った公園で、びしょぬれの女の子に会った。名前は宮崎菫。彼女は、話すことができない。声が出ないのだ。言葉をしゃべれずスケッチブックで会話をする彼女は、クラスでも浮いている存在だった。気まずい雰囲気の中、かかげられたスケッチブックに躍る文字。「春は好きですか?」不器用でも一生懸命にコミュニケーションを取ろうとしてくれる菫に、俺はやがて惹かれていった。菫はまったく話すことができないわけではなかった。彼女は”一日に10文字しかしゃべれない”のだ。「ありがとう」も、「ごめんさい」も、「嬉しい」も、「大好き」も。大切なことは10文字でみんな伝えられるって、そう思ってた。 でも、菫に課せられた症状には、あまりにも優しくて悲しい過去が秘められていたんだ――。声を失った少女と、無気力な少年が贈る、10代の煌めく青春ラブストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む その10文字を、僕は忘れない/持崎湯葉

男爵令嬢と王子の奮闘記1・2/olive

男爵令嬢と王子の奮闘記 (アイリスNEO)
男爵令嬢と王子の奮闘記 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2016年1月刊/2巻:2016年6月刊。
成り上がり男爵家の地味な令嬢が、フェロモン体質のせいで女性恐怖症となった王子の花嫁に選ばれるという異世界転生ラブコメ。
異様にモテる王子の花嫁になったことで生じるトラブルを、前世で培った経験で受け流していく男爵令嬢の奮闘。
そして、女性恐怖症を必死に克服しながら、妻となった令嬢との距離を縮めていこうとする王子の奮闘を描く物語です。
王子を守るために外野が決めた結婚だけど、守られる弟のような存在から変わろうと足掻く王子の恋の仕方がとても素敵でした。
前世設定の使い方も面白く、令嬢が秘める「目的」が王子との関係にどう影響していくのか、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
身分違いの結婚で苦労した前世の記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。生まれ変わった世界ではお金持ちの旦那様も身分違いの恋も必要ない、むしろ平穏に過ごしたい――そう思っていたのに、ある日女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだして……。「お前と殿下の結婚が決まった」って、お父様、いきなり何を言っているんですか!?成り上がり男爵家の令嬢と、女嫌いの王子(&腹黒側近)が奏でる新婚奮闘記★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男爵令嬢と王子の奮闘記1・2/olive