黄金の烏(八咫烏シリーズ3)/阿部智里

黄金の烏 (文春文庫)
黄金の烏 (文春文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。初出は文藝春秋2014年7月刊。
人の姿と鳥の姿をもつ「八咫烏」の一族を描いた和風ファンタジーシリーズ第3弾。
今回もとても面白かったです。
前2冊が前日譚であったのだと納得するほど、ぐぐっと一気に世界観が広がっています。
大きく広げた風呂敷にワクワクが止まらない・・・!

☆あらすじ☆
人間の代わりに「八咫烏」の一族が住まう世界「山内」で、仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告された。その行方を追って旅に出た日嗣の御子たる若宮と、彼に仕える雪哉は、最北の地で村人たちを襲い、喰らい尽くした大猿を発見する。生存者は、小梅と名乗る少女ただ一人―。八咫烏シリーズの第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黄金の烏(八咫烏シリーズ3)/阿部智里