フェオーリア魔法戦記 死想転生/旭蓑雄

フェオーリア魔法戦記 死想転生 (電撃文庫)
フェオーリア魔法戦記 死想転生 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
とある宗教戦争の中で戦う少年と少女の物語。
死者を操る「死世学」を軸に、「死とは何か、自意識とは何か、愛とは何か」などの哲学的思考を繰り広げていくファンタジーです。
タイトル的にネクロマンサー大活躍なファンタジー戦記だと思っていたのですが、予想外な方向に物語が深まっていって面食らうハメに。
とはいえ、死世学のもたらす死生観は興味深いものだし、中盤で発覚する仕掛けは驚いたし、内容的にも綺麗に纏まっている読み応えのある1冊だと思います。

☆あらすじ☆
死者の魂を呼び出して、無限の兵器として運用する者。死者の言葉を聞き出して、古代の英知として導く者。死者の想いを利用して、己の欲望を満たす者。―それが死世学者。類い希なる魔力を持ち、たった一人で戦況のすべてを覆す美しき死世学者の少女クレッシェンド・イマジナル。そして彼女が死から喚び起こした最愛の幼馴染みの霊にして、最強の傭兵トトポン。二人は魔法同業組合の発達した黒曜都市共和国にて首都防衛戦に参加する。一般兵から疎まれながらも一騎当千の活躍を果たす彼らだったが、侵略軍の中にも死人兵が現れたことで事態は一変し…。死を操る少女と、不死の傭兵の運命を描く予測不能の魔法戦記ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む フェオーリア魔法戦記 死想転生/旭蓑雄

カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語/丸木文華

カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語 (集英社オレンジ文庫)
カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語 (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
坂上田村麻呂の血をひく伯爵家令嬢と、甦った悪路王がコンビを組む大正浪漫綺譚。
意外にヘタレ弟っぽい感じの悪路王が可愛く、退屈を持て余すヒロインのほの暗いキャラクターも魅力的でした。
ストーリー的にはまだ色々と謎が多くて、シリーズ開幕の1冊という感じ。
主役コンビがとても好みだったので今後に期待しています!

☆あらすじ☆
時は大正。坂之上伯爵家の令嬢・香澄は、退屈な日常にうんざりしていた。そこへ現れたのは、代々祀ってきた悪路王。香澄は彼に朧という名を与えることで、主従関係を結んでしまった。少年の姿をした朧は、世の中にはびこる鬼を喰らって力を得るという。腹をすかせた朧のために、香澄は街へ出かけてみたのだが…?煌びやかな華族世界を舞台に描く、あやかし事件簿!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語/丸木文華