もじょと極める異世界仰天生活 彼女の作るポーションがいろいろとヤバいんです/黒沼昇

もじょと極める異世界仰天生活 ―彼女の作るポーションがいろいろとヤバいんです― (電撃文庫)
もじょと極める異世界仰天生活 ―彼女の作るポーションがいろいろとヤバいんです― (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
「仰天生活」というか、ダダ甘生活? いちゃラブ生活? みたいな感じの異世界ファンタジー。
嫌われ者の「もじょ」と一緒に暮らすことになった少年が、「もじょ」の仕事を手伝ったり生活のお世話をしたり彼女の秘密を知ってしまうという物語です。
テンポ良く進むストーリーで、軽快に楽しめるラブコメでした。
可愛いバカップルのおかげで糖分補給もばっちりです!

☆あらすじ☆
不運な星のもとに生まれたぼくは、ある日、見知らぬ街(異世界?)に迷い込み、不思議な女の子に出会う。「もじょ」という名の彼女は、近くにいる者すべてを問答無用で不運にしてしまう『大厄災』という魔法の使い手で、しかもその魔法、本人にも制御不能の常時発動型らしい。極度の照れ屋なのか、コミュ障なのか、まともにコミュニケーションのとれない彼女と一緒に暮らすことになるんだけど、この先、どうなることやら…。もじょ(喪女?)との楽しい同棲生活を描く、異世界ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む もじょと極める異世界仰天生活 彼女の作るポーションがいろいろとヤバいんです/黒沼昇

子どもたちは狼のように吠える1/地本草子

子どもたちは狼のように吠える (ハヤカワ文庫JA)
子どもたちは狼のように吠える (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
これは凄かった・・・・・・。
ボーイ・ミーツ・ボーイな復讐譚。
暴力と死で塗り固められた物語はとことん救いがなく、どこまでも堕ちていく少年の運命に思わず眼を背けたくなりました。
最初から最後まで不条理の連続で、何度読むのをやめようと思ったことか。展開のひとつひとつが全力で心を折りにきてる。
そういう物語なので読み終わった後の疲弊感と虚無感は半端ないのですが、正直、めちゃくちゃ面白かったです。

☆あらすじ☆
不法移民の大量流入のため、世界最悪級の犯罪地帯となった日本領サハリン。裕福な日本人家庭に生まれた14歳のセナは、突然父母を惨殺され、ヤクザが子どもたちを玩具にする「学校」に売り飛ばされる。絶望に沈む彼は、そんな逆境を嘲笑う同い年のロシア人移民のニカと出会った―。全ての理不尽な運命と身勝手な大人たちに復讐するため、ふたりは銃を手に立ち上がる!硝煙弾雨のティーンエイジ・ノワール『少年篇』。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 子どもたちは狼のように吠える1/地本草子