ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン10/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (10) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (10) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
アニメの放送が開始したアルデラミンの第10巻。
まだアニメを見ていないのですが、ネットの評判は悪くなさそうなので視聴が楽しみです。
そして原作の方ではついに彼が再び戦場に・・・・・・!

☆あらすじ☆
帝国から亡命を図るアルデラ教徒に、捕虜収容所から脱走したエルルファイ少将をはじめとするキオカ海軍が加わることで、一気に力を増す敵を目の前に、出征しきていた女帝シャミーユは安全のために東へと移動する。一方、〈不眠の輝将〉ことジャン率いるキオカ陸軍&アルデラ神軍に東から追撃されて、マシュー少佐らは西に向かって撤退していた。やがてシャミーユとマシューたちは合流する。しかしそれは、彼らが東西から敵に挟まれることを意味していた。シャミーユ、トルウェイ、マシューたちカトヴァーナ軍が陣取ったのは、垂直を越える角度で切り立つ峻険な崖が南北に数キロにもわたって続いている卓状台地の上。地形を利用して、なんとかキオカ軍の攻撃を防ごうとするのだが、ジャンの意外な策略によって、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。もはやこれまで……と思ったとき、そこに現れたのは――!胸の熱くなる展開に涙する第10巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン10/宇野朴人

魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿/長尾彩子

魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿 (コバルト文庫)
魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
魔女と同じ容姿をしているため父に疎まれた少女と、忌み子として王宮から追い出された王子のラブロマンス。
博物学者で理屈っぽいヒーローが、ヒロインに対して理屈のぶっ飛んだ病的愛情をぶつけまくるのが楽しい作品でしたw
雑誌掲載の本編、後日談的な番外編、エピローグ的な掌編の構成で、1冊で綺麗に終わっているから単巻ものなのでしょう(最近のコバルトの傾向的にシリーズ化するかもしれないけど)
ちょっと腑に落ちない部分もあったけれど、ヤンデレ好的にニヨニヨ楽しめたので満足です(つ∀`*)

☆あらすじ☆
辺境の小さな村にひとりで暮らす樹木医のレナーテ。村人たちは彼女を慕ってくれるが、自分の容姿が魔女の特徴とされる桜色の髪と黄金色の瞳であることを悲しく思っていた。そんなある日、レナーテを捨てた貴族の父に王都へ呼び出され、政略結婚に利用されそうになる―が、突然現れた第二王子に救われる。その場で求婚されるのだが、彼はなぜレナーテを知っているのか。2人の接点とは…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿/長尾彩子