筺底のエルピス4 廃棄未来/オキシタケヒコ

筺底のエルピス4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)
筺底のエルピス4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年6月刊。
絶望に次ぐ絶望を描いた3章の後編となる第4巻。
たしか本来は3巻と4巻で1冊の予定じゃありませんでした? 4巻だけで500頁超えってどういうこと??
と、読む前は笑ってしまったのですが、読んでしまうと感謝の気持ちしか湧いてこない。
ここまで濃厚な物語に仕上げてくれて本当にありがとうございます。凄みすら感じる面白さでした。
しかし、最後、これは・・・・・・。

☆あらすじ☆
すべてを取り戻すための、最悪なる希望。殺戮因果連鎖憑依体――古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。それを消滅させられる唯一の手段を失い、世界は今や、確実なる滅亡へと突き進もうとしていた。白鬼の憑依者である少女、朋之浦結を守り続ける《門部》の逃亡者たちが、《ゲオルギウス会》の祓魔師たちを巻き込んでまでして組み立てた起死回生の一手も、あえなく瓦解した。あまりにも邪悪な《エンブリオ》なる存在と、数奇な運命に翻弄される狙撃手の少女が、屍を積み上げながら獲物たちを追い続ける。残された希望は、すでに命を落とした戦略家、間白田俊彦が残した『負けない策』のみ。その真相に辿り着いたとき、白鬼の少女と《門部》の面々――百刈圭、乾叶、貴治崎花、朱鷺川ひかえ、そして百刈燈は、いかなる選択を強いられるのか。世界のすべてを包み込まんと膨れあがる死の連鎖の果てに、はたして誰が『鍵』となり、『過去の改変』という救済を掴み取ることができるのか。人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。失われた過去を取り戻すため、最悪なる希望が奏でる混沌の第4弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス4 廃棄未来/オキシタケヒコ