紅霞後宮物語 第四幕/雪村花菜

紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)
紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
今回も面白かったです。3巻と合わせて上下巻構成な感じかな。
軽快なテンポで話を進めつつ、最後にドロッとした感情を混ぜ込んで締めるのも相変わらずお上手で・・・・・・(吐血)

☆あらすじ☆
――このままでは終わらせない。小玉、誓いの戦い
小玉に差し出された帳簿に不自然に出てくる「維山」という地名。それが鄒王の死、さらには明慧の死に繋がるものと見た文林は、小玉に直接調査を託す。陳校尉として彼の地に乗り込んだ小玉が目にしたものとは――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第四幕/雪村花菜

宝石吐きのおんなのこ4 彼女の想いと彼の想い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ(4) ~彼女の想いと彼の想い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(4) ~彼女の想いと彼の想い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
今回もとても癒やされました〜。
クリューの無邪気な可愛さは最高に天使だし、スプートニクのイジワルで捻くれた優しさは最高に萌える。
次巻からまた話が動き出しそうな気配もあって、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「君。どうして彼女を守っている?」
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューと彼女の働く宝石店の店主・スプートニクはフィーネチカ市から戻り、平和な日常を送っていた。しかし、フィーネチカ市で聞いた「ある言葉」が胸に引っかかったままのクリューは、自分の内の波立つ想いに戸惑ってしまう。悩んだ末に、彼女はスプートニクと距離を置くため、家出を決意するが…。そしてそれから数日後、二人のもとに再び、見覚えのある二人組が訪ねてくる。彼らがリアフィアット市に訪れた目的とは。――彼の想う、彼の過去とは。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。想いを紡ぐ第4巻。
★特別短編「スプートニク宝石店 四季のおはなし」収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ4 彼女の想いと彼の想い/なみあと