比類なき翠玉 上・下(時間旅行者の系譜3)/ケルスティン・ギア

比類なき翠玉〈上〉 (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)
比類なき翠玉〈上〉 (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。初出は東京創元社2013年8月刊。
女子高生タイムトラベラーの恋と冒険を描くファンタジー三部作の完結巻。
サンジェルマン伯爵の陰謀はもちろん、自分の心にすら翻弄されるグウェンドリンの奮闘をミステリアスかつコミカルに描いた楽しい作品でした。
帯にも書いてあった「用意は良いかい?」「あなたがよければね」の掛け合いが狂おしいほど好き。ほんと、最終巻にして良いコンビになったものです。とても面白かった!

☆あらすじ☆
「あたしのハートはルビーで、ギデオンはそれを粉々にしたのよ!」――サンジェルマン伯爵から告げられた残酷な真実に、グウェンドリンの恋心は荒れ模様。そんななか、ルーシーとポールが盗んだクロノグラフの隠し場所がついに明らかになる。〈監視団〉メンバーやいとこのシャーロットの目をかいくぐり、若き日の祖父の協力のもと伯爵の陰謀に迫ろうとするグウェンドリンだったが、相棒・ギデオンとの関係はこじれたまま。〈監視団〉はメンバーの中に潜む裏切り者の正体を暴くため、十八世紀の舞踏会に二人を送りこむ計画を進めていたが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 比類なき翠玉 上・下(時間旅行者の系譜3)/ケルスティン・ギア