砕け散るところを見せてあげる/竹宮ゆゆこ

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)
砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

評価:★★★★☆
2016年5月刊。
ヒーローになりたかった少年とUFOを撃ち落としたい少女の、いじめから始まるボーイミーツガール。
軽快で、エネルギッシュで、甘酸っぱくて、切なくて、悲しくて、そして最後はなんだか幸せで。そんな怒濤の恋愛小説でした。
序盤から振り回してくる疾走感は、予想もつかない場所から更にスピードを上げていきます。
ラストは「あああああ!」と叫び出したくなりました。なるほど。これはやられた。

☆あらすじ☆
大学受験を間近に控えた濱田清澄は、ある日、全校集会で一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。割って入る清澄。だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃からの「あああああああ!」という絶叫だった。その拒絶の意味は何か。“死んだ二人”とは、誰か。やがて玻璃の素顔とともに、清澄は事件の本質を知る…。小説の新たな煌めきを示す、記念碑的傑作。

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレ見ない方が楽しめるタイプの作品なので未読の方はご注意を。
結末部分についてつらつらと思うところを書いてます。

続きを読む 砕け散るところを見せてあげる/竹宮ゆゆこ