血と霧1 常闇の王子/多崎礼

血と霧1 常闇の王子 (ハヤカワ文庫JA)
血と霧1 常闇の王子 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年5月刊。
吸血鬼×スチームパンク×ハードボイルドなダークファンタジー。
捜し物が得意な探索者の主人公が、様々な捜索依頼を受けたことから大きな事件に関わっていくことになる物語です。
煙草と硝煙が似合う主人公の渋さがめちゃくちゃ格好いい。過去の因縁から生まれる彼の後悔と葛藤は切ないのですが、うっかり溢れる父性が可愛いかったりもして、情に厚いキャラクターがとても魅力的でした。
吸血鬼が支配する世界観は細部がユニークで面白く、血液を操る異能者たちの駆け引きやアクションも読み応え抜群。
物語はまだ始まったばかりでストーリー的に少し中途半端なところで終わっているのですが、2巻は7月に出るとのこと。とても楽しみです。

☆あらすじ☆
血の価値を決める三属性――明度(バリュー)、彩度(クロマ)、色相(ヒュー)――による階級制度に支配された巻き貝状の都市国家ライコス。その最下層にある唯一の酒場『霧笛(むてき)』で血液専門の探索業を営むロイスのもとに、少年ルークの捜索依頼が持ち込まれた。だが両親だと偽る男女は、事件の核心部分を語ろうとしない。価値ある血を持つと思われる少年に自らの過去の因縁を重ねたロイスは調査を始めるが、それは国家を揺るがす陰謀の序章に過ぎなかった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 血と霧1 常闇の王子/多崎礼

【雑記】2016.6.5 「この恋と、その未来。」の打ち切り問題/電子書籍の配信時期/他

dアニメストアをテレビ画面でみたいなーと思ってChromecastをポチってしまいました(父の日用と偽装するつもりだったけどやめた)
配送業者とニアミスしすぎてまだ受け取れてないんですけど、果たして値段分くらいはちゃんと使うだろうか(´・ω・`)

1.「この恋と、その未来。」の打ち切り問題
2.電子書籍はいつ配信されるのか
3.ファミ通文庫とその他レーベルの青春恋愛ラノベ
4.「悪役令嬢転生」ブームの変遷
5.ウィングス文庫のススメ

以下に続きます。

続きを読む 【雑記】2016.6.5 「この恋と、その未来。」の打ち切り問題/電子書籍の配信時期/他