世界の終わりの世界録7 神代の暴君/細音啓

世界の終わりの世界録(アンコール) (7) 神代の暴君 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録(アンコール) (7) 神代の暴君 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
新章開幕。
レンにとっての新たな冒険のプロローグとなる第7巻でしたが、また面白い旅路になっていきそうな予感。楽しみです。

☆あらすじ☆
新章突入――いま、最も王道を行くファンタジー、第7弾!
終わり始めた世界を救うべく、一人での冒険を始めたレンが訪れたさきで出会ったのは、あの人物で――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録7 神代の暴君/細音啓

転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う/鬼頭香月

転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う (アイリスNEO)
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年1月刊。
第1回アイリス恋愛F大賞「銀賞」受賞作。
「アイリスNEO」は一迅社文庫アイリスの四六判レーベルなのですが、私はこれが初読みでした。
本作は悪役令嬢転生モノのお約束を踏まえつつ、「運命だろうと他の人を好きになる男なんていらない」と言いながら大好きな婚約者を諦めきれずに嫉妬と恋心に揺れる貴族令嬢の物語。
失恋を覚悟するヒロインの悲壮感はとても切なくて良かったのですが、王子が化けの皮をぺろっと脱いでからの本領発揮が最高でした。いやー、笑ったw

☆あらすじ☆
貴方を奪われる運命は変わらない――。公爵家令嬢クリスティーナは、ある日、自分が恋愛ゲームの恋敵役に生まれ変わっていたことに気付く。婚約者のアルベルト王子に恋をしていた彼女は、いつのまにか彼に愛想をつかされていたのだと自覚し、愕然とする。そして、彼をヒロインに奪われる運命を静かに受け入れようと決心するけれど、物語は意外な方向に展開して――?嫉妬とプライドに揺れる、恋する令嬢と王子のラブロマンス。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う/鬼頭香月