玉妖綺譚/真園めぐみ

玉妖綺譚 (創元推理文庫)
玉妖綺譚 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
第1回創元ファンタジイ新人賞「優秀賞」受賞作。
妖絡みのトラブル処理を請け負いつつ、玉妖に魅入られた姉を助ける方法を探す少女驅妖師(祓い屋)が主人公の和風ファンタジーです。
現実としばしば交わる幻想的な妖の世界が素敵でした。設定と世界観はとても魅力的。
人物の動かし方や心情描写に粗さを感じたものの、デビューシリーズの第1巻ということなので今後の成長に期待したいと思います。

☆あらすじ☆
異界と現実世界との間にある“はざま”。そこで産する竜卵石は妖力をもち、主の“気”を受けて玉妖と呼ばれる精霊を宿す。中でもその美しさ、知性から伝説的な存在とされるのが、難波俊之が育てた“難波コレクション”の七つの玉妖たちだ。そのひとつ〈くろがね〉を受け継いだ修業中の驅妖師・彩音は、玉妖に魅入られ眠り続ける姉を救おうとする……。人々の目に見えない異界妖が跋扈する皇国大和の首都・櫂都を舞台に、少女驅妖師・彩音と相棒の玉妖くろがねが、妖がらみの摩訶不思議な事件に挑む。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 玉妖綺譚/真園めぐみ