思い出のとき修理します4 永久時計を胸に/谷瑞恵

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)
思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
大好きな谷瑞恵さんの一般文芸初進出となるシリーズでしたが、ついに完結。
懐かしい思い出と、その時を刻む時計の優しい物語。最後までとても素敵でした。穏やかな気持ちになれる良い作品だったと思います。
そして秀司と明里のカップル、本当に大好きです。

☆あらすじ☆
不仲に思えた両親の絆、亡き妻への秘めた思い…時計店には今日も人々の「思い出」が持ち込まれる。そんな中、秀司が作ってくれているドレスウォッチの完成が近いと聞き、喜びとともに複雑な気持ちになる明里。秀司の元に、スイスの時計工房から手紙が届いているらしいからだ。ともに商店街で暮らす未来を夢見つつ、本当は秀司がスイスで修業を続けたいのではないかと悩み…。ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します4 永久時計を胸に/谷瑞恵

緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま!/伊月十和

緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)
緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
秘密の護衛少女と皇帝候補の中華風ラブコメ。
主従で寄宿学校とか個人的に好きな設定でとても良いですねー。
もうちょっとドタバタコメディ押しだとなお良かったのですが、要所でクスッと笑えるところもあり、全体的には悪くなかったです。
特にヒーローの正体?本性?が判明するシーンとか、この人残念な人だ!と楽しくなりましたし。
ただマスコットに虫がいるので(表紙左下)、幼虫系が苦手な方はご注意を。

☆あらすじ☆
「皇帝候補の黎影(れいえい)様をお守りせよ!」
護衛任務を請け負う一族の娘・琉瑠(りゅうりゅう)は、最難関校を首席で合格した黎影皇子をお守りすることに。しかも、自分の出自を知らない庶民育ちの彼に、護衛だと気付かれてはいけないという条件つきで。そこで琉瑠は、彼の同級生となって、こっそり見守ることにしたけれど――不真面目で女好きで皇帝に相応しいとは思えない黎影に、彼が大好き過ぎて追いかけまわしている残念娘だと誤解されてしまって!? 誰にも言えない任務、絶賛遂行中? 勘違いだらけ凸凹主従の中華風ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま!/伊月十和