七日の喰い神3/カミツキレイニー

七日の喰い神 3 (ガガガ文庫)
七日の喰い神 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
マガツカミと祈祷士の異種バディの奮闘を描くシリーズ第3弾。
前巻に引き続き、ますます面白くなってきました。それにしても元六花隊メンバーはキャラ濃いなぁ。

☆あらすじ☆
人喰う神を乗せて、列車は走り続ける。超高級蒸気機関車『カムパネルラ』に乗り込んだ七日とラティメリア。煌びやかな車内装飾に、豪華な食堂車、そして上流階級の乗客たち。そんな浮き世離れした世界とは異にする車両があった。祈祷士たちが強固に警備にあたる物々しい雰囲気……。この高級列車は、祈祷士協会によって捕らえられた“六花のマガツカミ”の一人である“掴み神”を秘密裏に移送するためにカモフラージュされたものだった。列車に潜入した七日の目的はただひとつ“掴み神”ヘリアンサスを斬ること。タイムリミットは目的地到着予定の深夜まで。そんななか、七日はかつて戦場でともに戦った元六花隊の一人と再会する。“妖刀使い”獅童巳月――彼は“掴み神”ヘリアンサスの移送を監督する看守長となっていた。一方、初めての列車旅行に浮かれるラティメリアもまた、ある人物と出会っていた――「やあ、“喰い神”ラティメリア。君は本当に六花に似ているね」マガツカミを殺す者と護る者、かつての戦友同士が繰り広げる熾烈な攻防戦! それぞれの思惑を乗せて列車は走り続ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七日の喰い神3/カミツキレイニー

マグダラで眠れ8/支倉凍砂

マグダラで眠れ (8) (電撃文庫)
マグダラで眠れ (8) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年2月刊。
面白かった!!
物語に綺麗な区切りがつき、クースラたちの旅がひとつのゴールを迎えることに(完結ではないらしい)
たくさんの未知に包まれた中世のロマンを感じる良いシリーズだと思います。特に今回のオチは壮大にロマンチックで胸が高鳴りました。
バカップルがどんどん人目をはばからなくなるのもけしからん。最後までニヤニヤしっぱなしでしたw

☆あらすじ☆
眠らない錬金術師クースラは、旅路の果てに“マグダラ”のその先を見つける――
クラジウス騎士団の追っ手が迫る中、クースラたちは、フェネシスの一族“白き者”たちが起こした大爆発により、一夜で滅んだという旧アッバスに向かうことに。 空からやってきたという白き者の真相を明らかにすることで、クースラたちは彼らの行方を探ろうとする。空を飛ぶ方法、なぜ町が滅んだのか――全ての謎を解き、真理のさらに奥へ。そしてその先にある、理想の世界「マグダラの地」を目指して。 仲間たちとの実験と研鑽の日々に、心地よさを覚えるクースラ。だが、クースラたちの持つ新たな技術を狙ってアイルゼンが現れたのだった――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マグダラで眠れ8/支倉凍砂