キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈上〉/渡辺恒彦

キミもまた、偽恋だとしても。1〈上〉 (オーバーラップ文庫)
キミもまた、偽恋だとしても。1〈上〉 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年5月刊。
互いにオタク趣味を隠しながら偽装恋人をすることになった高校生のラブコメ。
あ、これ好きなやつですね。全部バレたら幸せになれそうなのに、当人達は必死に秘密を隠してコメディしちゃう感じ。そこにとてもニヤニヤしてしまうやつですね!Σb( `・ω・´)グッ
1巻の上巻ということで、単体だとヤマとオチが少し弱いのですが、ここから更に面白くなりそうな予感しかありません。
下巻がはやく読みたい!

☆あらすじ☆
「理想のヒモ生活」渡辺恒彦が描く、次なる理想のヒロインとは……。
「ねぇ。わたしの秘密、バレてないよねっ!?」「俺の秘密、バレてないよな!?」
関東圏のとある田舎町。岩下学園に越境入学して間もなく、村上政樹は学級委員の長島薫子に「偽装恋人」になって欲しいと頼まれる。薫子の家は地元では知らない人のいない旧家。お見合いを回避するための手段として偽装恋人の役を頼んだのだ。しかし、政樹が薫子の親に紹介されると思わぬ事実が発覚! それは村上家こそが長島家の主筋の直系だったこと。そして、あれよあれよという間に、婚約まで話が進んでしまい、2人は引くに引けない状態になってしまって……!?
そんな二人にはそれぞれ相手に対して、一つだけ大きな秘密を抱いていた。それは「隠れオタク」「隠れ腐女子」という秘密であった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈上〉/渡辺恒彦