図書館の魔女 第三巻・第四巻/高田大介

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)
図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年5月刊。初出は講談社2013年8月刊。
四分冊されたファンタジー超大作の後半戦。
第4巻だけで640頁もあったのですが、面白すぎてあっという間に読んでしまいました。
権謀術数が飛び交う骨太な政治ファンタジーとしても、甘酸っぱい主従関係に萌えるボーイ・ミーツ・ガール小説としても最高でした。本当に素晴らしかった!

☆あらすじ☆
深刻な麦の不作に苦しむアルデシュは、背後に接するニザマに嗾けられ、今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。高い塔のマツリカは、アルデシュの穀倉を回復する奇策を見出し、戦争を回避せんとする。しかし、彼女の誤算は、雄弁に言葉を紡ぐ自身の利き腕、左手を狙った敵の罠を見過ごしていたことにあった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 図書館の魔女 第三巻・第四巻/高田大介