ゴブリンスレイヤー2/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
ただひたすらにゴブリンを狩り続ける冒険者の物語第2弾。
果たしてゴブリンを殺すだけの話でどうやって続けるのかと思っていたのですが、ちゃんとゴブリンを殺すだけの話のまま面白さを維持できていてびっくりしました。

☆あらすじ☆
「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」
ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教だった。大司教はかつて魔神王を打ち倒した金等級の一人として、剣の乙女と呼ばれる英雄でもあった。彼女いわく、水の街の中に何故か小鬼が出るという。
ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
「この小鬼禍は、人為的なものだ」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー2/蝸牛くも

舞姫恋風伝 全4巻/深山くのえ

舞姫恋風伝 (ルルル文庫)
舞姫恋風伝 (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ総評:★★★☆☆
小学館ルルル文庫の人気作家 深山くのえさんの文庫デビュー作。
農村から売られて宮廷にやってきた見習い舞姫が孤独な太子と出会い、恋に落ちる物語です。
中華身分差恋愛もので、色々と粗さが気になる部分もありましたが、繊細にゆらめく恋模様は素敵でした。
特筆すべきは3巻で本編が完結した後に出された4巻目となる短編集。
これは本当に素晴らしかった。控えめに言って傑作揃いだったと思います。

☆あらすじ☆
陰謀うずまく王宮で舞姫と親王殿下の恋物語貧しい村から売られてきた愛鈴は帝のために舞う妓女見習い。月の輝く夜、親王殿下である慧俊に出会い互いに惹かれ合うが…!?  陰謀うずまく宮廷で、恋と友情と野心が交錯するドラマチック・ロマンファンタジー!

以下、各巻に触れつつネタバレありの感想です。
続きを読む 舞姫恋風伝 全4巻/深山くのえ