ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
9巻から続く上下巻構成の下巻。
悪い方へ悪い方へと転がっていく事態にハラハラし通しの第10巻でした・・・・・・!

☆あらすじ☆
理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。そして、
「武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」
暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。激動のオラリオで少年は決断を迫られる。憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。人類とモンスターの狭間で、ベルは──
「君は、本当に愚かだな……」
これは少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10/大森藤ノ