セブンス1/三嶋与夢

セブンス 1 (ヒーロー文庫)
セブンス 1 (ヒーロー文庫)

評価:★★★☆☆
2015年12月刊。
妹に負けて伯爵家を追い出された少年が、家宝を通じて7人の歴代当主たちにダメだしされながら、冒険者として成長していく物語。
個性豊かなご先祖さまがうるさすぎて楽しい作品でした。ほんとに騒がしいw
主人公は今はまだ世間知らずで頼りないボンボンですが、成長の余地を十分に感じられるので期待できそう。
伏線も気になるので今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
女神を崇め、剣と魔法が存在する世界で、領主貴族の嫡男として生まれたライエルは15歳で家を追い出される。理由は―妹のセレスに敗北したから。過去には天才、麒麟児ともてはやされ期待されたライエルだが、セレスによって屋敷では徐々に冷遇され軟禁生活を送っていた。傷ついたライエルは、屋敷の庭に住み込む老人に助けられ、宝玉のついた首飾りを受け取る。老人が先代―ライエルの祖父から預かっていた、“アーツ”が記録された青い玉は、ウォルト家の家宝とも言うべき物だった。歴代当主七人のアーツが記録された宝玉を託されたライエルは、それを持って屋敷を去るのだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セブンス1/三嶋与夢

【雑記】2016.5.14 ウィングス文庫新人賞中止/小説投稿サイトでスカウトを待つ理由/他

ズートピアが話題なので見に行こうとしたら、最寄りの映画館が軒並み休業中でした。つらい。

1.ウィングス新人賞中止
2.小説サイトに投稿してスカウトを待つのはなぜ?
3.一般文芸のアニメ化が流行らない理由
4.小説を書いた漫画家たち
5.ルルル文庫を読もう!

以下に続きます。

続きを読む 【雑記】2016.5.14 ウィングス文庫新人賞中止/小説投稿サイトでスカウトを待つ理由/他