異世界詐欺師のなんちゃって経営術/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (角川スニーカー文庫)
異世界詐欺師のなんちゃって経営術 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
嘘をついたらカエルに変えられる異世界に転生した詐欺師の物語。
嘘はつかずにいかに都合良く相手の勘違いを引き出すか、というのは楽しいですねw こういうの好きです。
この巻は序章的な感じで「経営術」要素は薄かったものの、クズい思考で実は良い人な詐欺師主人公が魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
「パイオツ、カイデー!」
日本にその名を轟かせた大詐欺師のヤシロ。悪運尽きた彼が16歳の少年として転生したのは『嘘が吐けない巨大都市』だった。嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界だという。偽造通貨所持を疑われ、衛兵に追われて粗末な店に飛び込んだヤシロは、息をのむような巨乳の美少女ジネットになぜか歓待されて――!?
『このすば』の暁なつめ推薦! 『小説家になろう』&『カクヨム』発、口八丁な経営コメディ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 異世界詐欺師のなんちゃって経営術/宮地拓海