魔法医師の診療記録3/手代木正太郎

魔法医師の診療記録 3 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年4月刊。
妖病と戦う魔法医師の物語第3弾。
クセのあるシリーズだと思っていたのですが、この巻は前巻までよりはちょっと大人しめ?
クリミアたちの医療行為を根底からひっくり返しそうな展開にワクワクしました。

☆あらすじ☆
揺れるクリミア。妖病の新たなる解釈。太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。その技術を継承し続ける者たち。その者たちは、魔法医師と呼ばれていた。ドゥンと呼ばれる様々な《妖病》の原因。それに感染することで、人は伝承の中に存在する魔物に身を変える。故に、魔法医師は必要とされ続けている――。だが、その魔法医師も《妖病》に冒されることがある。魔法医学の権威・ガレノス。彼は治療法が不明のドゥンに感染し、その命を削りとられていた。そして、彼の元に5人の魔法医師が集う。彼の治療を巡って、技を競い合う魔法医師たち。その一方で、ガレノスの身辺について、奇妙な事柄が浮かび上がってくる。サキュバスの存在と、石化の邪眼を持つ少年。クリミアの他に呼ばれた医師たちとガレノスとの内縁関係。そして、ガレノスは何者かにドゥンを植えつけられた……。果たしてガレノスと、それらとの関係とは。そして、ガレノスの妖病の意外な真相とは。ヴィクターの師、フレデリーク・ナイチンゲールも登場し、クリミアとヴィクターの旅は次のステージへ。魔法医学の特異な一面が記された第3集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録3/手代木正太郎

マグダラで眠れ7/支倉凍砂

マグダラで眠れ (7) (電撃文庫)
マグダラで眠れ (7) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2015年9月刊。
ああ〜〜萌え転がる〜〜〜
って脳みそを湯立たせていたら、終盤で冷や水を浴びせられました。強制冷却。
実験しまくり錬金術師ものとしても相変わらず面白い!

☆あらすじ☆
いにしえに葬られし太陽を甦らせよ――眠らない錬金術師の物語第7弾!
錬金術師たちの次なる目的地は、太陽の召喚により一夜で滅んだというアッバスの町。さっそく天使が残した『太陽の欠片』の調査を始めるクースラの前に、書籍商を名乗る男フィルが現れる。フィルもまた異端審問官アブレアが残した伝説の足跡を追っており、アッバスの町に古くから伝わる『白い悪魔の生贄の儀式』こそがその手がかりではないかと語る。 儀式が行われる祭壇を調査するうちに、伝説の真相に近づいていくクースラたち。たがその時、思いもよらない事態が彼らを待ち受けて――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マグダラで眠れ7/支倉凍砂