薬屋のひとりごと5/日向夏

薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
新章の序章的な内容で、本題はまだまだこれからという感じのシリーズ第5巻。
でも猫猫と壬氏が!猫猫と壬氏が!!(大興奮)

☆あらすじ☆
読後満足度絶好調の大人気シリーズは新章突入。難事件の謎解きは勿論、猫猫と壬氏の関係から目が離せない!
子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか! ?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと5/日向夏