我がヒーローのための絶対悪3/大泉貴

我がヒーローのための絶対悪 3 (ガガガ文庫)
我がヒーローのための絶対悪 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年4月刊。
最愛の幼なじみを守るための苛烈な闘争を描くピカレスクロマン最終巻。
3巻で完結ということで少し不安に感じていたのですが、読んだ今は「やりきってくれた!」という思いでいっぱいです。控えめに言って最高でした・・・・・・。
次回作も楽しみです!

☆あらすじ☆
悪が身を賭して救おうとした正義のゆくえ。 沖名武尊が二代目ヘルヴェノム卿となり、半年が経過していた。 家族同然の水町佐和子を手にかけ、悪に堕ち続けた事件。月杜MATビルで繰り広げたガイムーンとの激しき闘争。そして旧リヴァイアサンの元幹部である第一種の怪人ビートリガたちとの殺し合い。 それらの苛烈な闘争を経てもなお、争いは終わることなく、さらに激しさを増していく。それらを殲滅し取り込んでいく二代目ヘルヴェノム卿は、名実ともに怪人(オルタ)たちを束ねる絶対悪(アルケマルス)となっていた。 すべてはガイムーンを倒すため。幼なじみである天羽ミアをガイムーンの呪縛から解き放つため、武尊は果てなき闘争を続けている。 一方で、正義の化身として覚醒を続けるミアは本来自身が持ち合わせているヒーローとしての感覚と「正義を行使する」というマインドセットのズレの影響で頭痛に悩まされていた。 そんな止まらない進化を不安に感じているミアの前に、フクロウを模った仮面した怪人が現れ事態を急変させる――。 絶対悪になった少年は果たして最愛の少女を救うことができるのか。そして悪に堕ち続けた武尊の運命は――。青春ヒーローピカレスクロマン、最終巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 我がヒーローのための絶対悪3/大泉貴

2016年4月読書メーターまとめ

5月です。ゴールデンウィーク初日から大量に本を仕入れてウキウキです。でも先月の新刊もまだ読み終わっていない!

先月の読書記録はこんな感じ。

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:39冊
読んだページ数:12141ページ
ナイス数:636ナイス

さすがにいつもよりは少なめかな?
「マグダラで眠れ」に挑戦して最新刊まで夢中になって読んだ月でした。

 

続きを読む 2016年4月読書メーターまとめ