眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ/山本瑤

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)
眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2016年4月刊。
他人の夢を見てしまう主人公が催眠療法士にスカウトされ、彼と共に悩みを抱える人々の心を救っていく物語。
悪夢と苦悩とお布団のお話でした。私も高級おフトンに包まれて快眠したい。
患者の苦悩が具象化した悪夢に入り込むという設定なのですが、一見穏やかな雰囲気の中に溶け込んだ「毒」が心にびりびりと響くストーリーでした。
登場人物達は賑やかで魅力的でしたが、まだ明かされていない彼らの背景がとても気になります。
ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
他人の夢が見えてしまう能力を持つ砂子は、勤めている寝具販売店で奇妙な客にスカウトされる。彼の名は、九条桜舟。催眠療法士を名乗る彼に、患者が苦しむ原因を深層心理から取り除く“獏”に勧誘された砂子が出会うのは、美しくもアクが強い三人の獏達と、不安や苦しみを抱えクリニックを訪れる患者達…。その心に秘められた謎に迫るサイコロジカル・ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ/山本瑤

ここは神楽坂西洋館/三川みり

ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)
ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年2月刊。
「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさん初の現代小説。
無口で愛想のない大家さんが守る下宿を舞台に、不器用な住人達が頑張ったり支え合ったりする姿にほっこりとする作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたもここで暮らしてみませんか?」 心がほっと温まる下宿物語。
都会の喧騒を忘れられる街、神楽坂。婚約者に裏切られた泉は、 路地裏にひっそりと佇む「神楽坂西洋館」を訪れる。 そこで植物を愛する若き管理人・藤江陽介と出会うが、 彼にはちょっと不思議な特技があって?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ここは神楽坂西洋館/三川みり