終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?5/枯野瑛

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#05 (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#05 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年4月刊。
2巻打ち切りの危機から数奇な運命を経てきたシリーズの第一部完結巻。
しかも新章第1巻と同時発売という、これまた珍しいことも起こっていました。
それはさておき、肝心の内容はというと、相変わらずの切なさ。
終盤は目頭が熱すぎて文字を読むのが辛かったです・・・・・・。
淡々と進んで、静かに穏やかに終わっていく。とてもこのシリーズらしい最終巻だったと思います。素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
数多の犠牲によって訪れた平穏。終末に零れる涙。シリーズ完結。
ヴィレムは約束を守れず〈月に嘆く最初の獣〉(シヤントル)の結界は崩壊した。正規勇者(リーガル・ブレイブ)の命と引き替えに長い眠りについていた幼い星神(ほしがみ)は、その余波で空魚紅湖伯(カーマインレイク)とはぐれ、記憶を封じられたびれむと共に仮初めの平穏な日々を過ごす。その日、〈穿ち貫く二番目の獣〉(アウローラ)が浮遊大陸に降り注ぐことになるまでは――。〈獣〉に対するのは、アイセアとラーントルク。死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、終末最期の煌めき。次代に受け継ぐ第一部、幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?5/枯野瑛