北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 3
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 3

2016年3月刊。
今回も面白かった!
リツとジークの間に訪れた大きな変化を描く第3巻。
家族って良いなぁとしみじみ思いつつ、終盤は目頭が熱くなってしまいました。
相変わらず飯テロ&砂吐きまくる作品です。まったりとした優しさに心底癒されました。

☆あらすじ☆
一年前の夜会で出会った、立場も文化も異なる二人―辺境の地を治める貧乏貴族リツハルドと、二つ名持ちのイケメン元軍人女性ジークリンデ。一年間のお試し婚の結果、相思相愛を確認し(やっと?)正式な夫婦に!報告と新婚旅行を兼ねてジークの実家へ旅立った二人だが、旅先で待っていたのは想像もしないことばかり!!「ジ、ジーク、も、もしかして!?」「待て、落ち着け。まだ分からない」プレゼント満載のクリスマスツリー。貴族のお茶会に、ほかほかグリューワイン。ジーク父、こだわりの肉汁溢れるソーセージと生ハム、愛情たっぷり薔薇のジュース作り、と心も身体も温まる第三巻です!第3回なろうコン大賞金賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3