最果てのパラディン1 死者の街の少年

『最果てのパラディンⅠ 死者の街の少年』(柳野かなた著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
これは良いファンタジーでした。
異世界に転生した主人公が、成長し旅立つまでを描く第1巻。
内容的にはプロローグであるものの、ストーリーのまとまりが良くて単巻作品的に楽しめることができました。
家族愛って良いですよね。終盤の展開は切なくてちょっと泣けてきたり。
キャラも良かったし、神々の存在を感じる神秘的な世界観もとても好みでした。続きに期待しています!

☆あらすじ☆
かつて滅びた死者の街――人里離れたこの地に一人の生きた子供、ウィルがいた。少年を育てるのは三人の不死者。豪快な骸骨の剣士のブラッド。淑やかな神官ミイラのマリー。偏屈な魔法使いの幽霊のガス。彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ少年は育てられる。そしていつしか少年は一つの疑念を抱く。「……この『僕』って、何者なんだ?」ウィルにより解き明かされる最果ての街に秘められた不死者たちの抱える謎。善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。「約束だ。ちょいと長いが、語ってやる。多くの英雄と俺たちの死の……、そして、お前がここで育った話でもある」――その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン1 死者の街の少年

身代わり花嫁の懺悔日記

『身代わり花嫁の懺悔日記』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

身代わり花嫁の懺悔日記 (小学館ルルル文庫 う 1-29)
身代わり花嫁の懺悔日記 (小学館ルルル文庫 う 1-29)

2016年3月刊。
毒花と呼ばれる姉の身代わりで花嫁になった苦労性の妹の物語。
悪役が微妙すぎてストーリーは少し物足りなかったものの、悪女になりそこなってツンデレるヒロインが可愛い生き物すぎて楽しい作品でした。
気分転換に軽い甘さを楽しめて満足です。

☆あらすじ☆
姉の身代わりで、王太子に嫁ぐことになった令嬢サラー。多くの男性を翻弄して毒花と呼ばれる姉のふりをするために、せいいっぱい魔性の女を演じてみるけれど、もともと生真面目で純情なサラーは演技に四苦八苦。夫になったウィロウ王子をだましているのが申し訳なさすぎて、ついつい、ウィロウが寝ている横で、こっそり懺悔してしまう日々がつづく。一方、噂の悪女がなぜか初心で善良な姫君にしか見えず、不思議に思っていた夫のウィロウ。とある事情で「悪女」に求婚するしかなかったウィロウだが、ツンツンした態度をとりながらも、陰でこっそり夫を気遣うサラーに興味がわき、その必死さが愛おしく思えるように。悪女になりきれないばかりか、ウィロウから向けられるやさしい眼差しと甘い言動にドキドキしてしまうサラー。そんなある日、王子暗殺を企む一派の計画を知ってしまい…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり花嫁の懺悔日記