筺底のエルピス3 狩人のサーカス

『筺底のエルピス3 ー狩人のサーカスー』(オキシタケヒコ著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

筺底のエルピス3 -狩人のサーカス- (ガガガ文庫)[Kindle版]
筺底のエルピス3 -狩人のサーカス- (ガガガ文庫)[Kindle版]【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
今回も面白かったです!
スリルと絶望が凄すぎて読み終わった後に息切れしてしまうような錯覚が。この疲弊感がたまりません。

☆あらすじ☆
起死回生の一手。たとえ全てを失っても。 殺戮因果連鎖憑依体―― 古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。それを滅ぼす一団であった《門部》は、同じ目的を持ちながらもはるかに巨大なゲート組織――《I》なる不死者たちの侵攻によって陥落した。 乾叶と百刈圭をはじめとする数名は、辛くも難を逃れて決死の逃避行を図るが、そんな彼らを狩るべく、かつては同僚であった恐るべき狩人が動き始める。さらにはその裏で、世界そのものが滅亡への歩みを静かに加速し始めてもいた。 強大すぎる敵に対し、《門部》が「負けないため」の作戦――秘されたその真意とは何か。そして、進み始めた世界崩壊の真実とは。 人類の世界にこれまで六度、虐殺と大戦争をもたらしてきたという白い鬼を巡る、《門部》、《ゲオルギウス会》、そして《I》という三つのゲート組織の抗争が、ついに佳境の時を迎える。 人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩、悲劇の第三章。『波の手紙が響くとき』でも好評を博す、オキシタケヒコが手がけるSF異能バトルアクションシリーズ第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス3 狩人のサーカス

花の乙女の銀盤恋舞

『花の乙女の銀盤恋舞』(吉田周著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★★☆

花の乙女の銀盤恋舞 (講談社X文庫ホワイトハート)
花の乙女の銀盤恋舞 (講談社X文庫ホワイトハート)

2016年3月刊。
アイスダンスをモチーフにした競技「氷舞闘」に挑む幼なじみカップルの物語。
初恋をこじらせたヒーローにニヤニヤしたり、身近すぎて鈍感になってしまうヒロインにハラハラしたりと、すれ違うふたりが微笑ましい初恋ものでした。
色々と頑張るヒーローを健気とみるかヘタレとみるかはさておき、その動機が可愛すぎて悶えましたw
肝心のアイスダンスシーンは、神話を氷上に表現していくという情景の美しさが素晴らしいものでした。
糖度も十分に高いし、これは良い少女小説ですね!
ちなみに、前作「氷闘物語 銀盤の王子」の8年後の物語でしたが、前作未読でも問題なく楽しめました( ´ ▽ ` )ノ

☆あらすじ☆
スモンの姫君、ロザリーアは、まだ恋を知らない。一方、幼なじみの貴公子リクハルドは、幼い頃からずっとロザリーアのことを想い続けていた。容姿端麗、頭脳明晰、しかも氷闘の現王者、リクハルド。天が二物を与えた完璧王子なのに、内面は傷つきやすく臆病で、自分の気持ちを伝えることがどうしてもできない。この二人が、男女が組みになって滑る「氷舞闘」に、挑戦することになった。祖国の発展のために著名な氷闘士になるのが夢だったロザリーアは、リクハルドの恋心に気付かぬまま、無我夢中で鍛錬にあけくれる……。個性的な登場人物たちに彩られながら、銀盤の上の魔法が、少しづつ少しずつ不器用な二人の心を寄り添わせていく。いじらしく、可笑しく、可憐な初恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花の乙女の銀盤恋舞