サ法使いの師匠ちゃん2

『サ法使いの師匠ちゃん2』(春原煙著/GA文庫)★★★☆☆

サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)
サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
言葉巧みな師匠ちゃんが胡散くさ可愛いファンタジー第2弾。
今回はカルト宗教に対抗する話。
前巻同様、セリフの応酬に勢いがあって楽しかったです。

☆あらすじ☆
「みんなをスマイル、あたしはリッチに! 実はこのあたしは、伝説のサ法使いだったのでした~!!」
カルト教団に洗脳されたエルフ族を解放するため、辺境のミッケリンナ村へとやって来た詩子たち一行。
「サ法使いって、あのおとぎ話に出てくるペテン師じゃないんですか?」
しかし、村の修道女アルマに強く反発され、協力の申し出を拒絶されてしまう――。
「YOU、(教祖)やっちゃいなよ」
ところが詩子は、アルマを教祖に祭り上げて新興宗教パンスト教を興し、村人奪還に乗り出しちゃった!? 悩み相談にマルチ商法、異世界では斬新すぎる布教活動は奏功するのか!?
異世界ファンタジーコメディ劇場型詐欺、第二弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む サ法使いの師匠ちゃん2

大正箱娘 見習い記者と謎解き姫

『大正箱娘 見習い記者と謎解き姫』(紅玉いづき著/講談社タイガ)★★★☆☆

大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)
大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
大正時代という開かれつつある時代の「女性」を描く4本立ての幻想的なミステリー。
なんとも奇妙な空気をもった作品でした。
箱娘によって開かれる「箱」の中にある真実は、仄暗くて窮屈で、正直、あまり読後感は良くないものばかりでした。
私はちょっと疲弊しましたが、この異様な雰囲気はクセになりそうだし、話そのものは面白かったです。

☆あらすじ☆
新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 大正箱娘 見習い記者と謎解き姫