吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
打ち切りになってしまった「吸血鬼」シリーズの後日談的外伝。
主要人物の最期を描く後日談を読むのが苦手なので「母を失い」というあらすじにビクビクしていたのですが、この本は読んで良かったと思います。
本編で消化不良だった様々な伏線を回収してくれてスッキリしました。
でもやっぱり本編で読みたかったなぁ・・・・・・。

☆あらすじ☆
私の父は吸血鬼だ。母を失い、それでも永遠を生きる父に――私は恋をした。
交際していた男性のプロポーズを、私、ミナ=アリス・原田は「父を置いていけない」という理由で拒絶した。私が五歳のときに死んだことになっている父、原田詩也は、不老不死の吸血鬼だ。母と出会い、恋に落ち……けれど母は、父のそばにはいられなかった。だから私が、ずっとそばにいる。そのために私はある決意をした。父を置いていった母に、負けたくなかった――。運命と別離、超克、そして永遠の恋。娘の視点から綴られる、ある吸血鬼の過去と現在の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage

新釈グリム童話 めでたし、めでたし?

『新釈 グリム童話 −めでたし、めでたし?−』(谷瑞恵・白川紺子・響野夏菜・松田志乃ぶ・希多美咲・一原みう著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)
新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)

2016年3月刊。
面白かったー!!
コバルト文庫とオレンジ文庫で活躍する作家陣による現代版グリム童話アンソロジー。
ほっこりと優しい話、ときめく恋の話、爽やかな友情の話、笑えないレベルのホラーな話などなど、バラエティに富んだ内容の短編集です。
一部作家さんを目当てに読んでみたのですが、予想以上に満足できました(´∀`*)

☆あらすじ☆
誰もが知るグリム童話をベースに、舞台を現代におきかえストーリーを大胆にアレンジ!
ヒロインがふたりの白雪姫、老舗ホテルの一人娘として生まれたの眠り姫、廃屋から届くある依頼に悩むヘンゼルとグレーテル…など、全六編収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 新釈グリム童話 めでたし、めでたし?