影王の都


『影王の都』(羽角曜著/創元推理文庫)★★★☆☆

影王の都 (創元推理文庫)
影王の都 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
第1回創元ファンタジイ新人賞「選考委員特別賞」受賞作。
喋る髑髏と出会ったことで生まれ育った村から旅立つことを決意した少女リアノ。彼女の旅路を中心に描きながら、呪われた影王の都を巡って繰り広げられるミステリアスなストーリーは読み応えがありました。
繊細な語り口は好みだし、喋る髑髏の愛嬌も良かった。物語そのものの構造も面白かったのですが、オチでちょっと混乱してしまったり。

☆あらすじ☆
村はずれに一人住む少女リアノ。両親が相次いで亡くなり、兄も夢を追って家を出ていってしまった。そんな孤独な彼女のもとにある日やってきたのは、口をきく髑髏。図々しいことに髑髏はリアノに砂漠に連れていって欲しいと求めた。若く美しい娘としゃべる髑髏の奇妙な道行き。だが砂漠で待っていたのは、〈影王〉が統べる呪われた〈影の都〉。不老不死を望んで神の怒りにふれ、永遠に砂漠を彷徨う運命になったという伝説の都だった。捻れた運命の糸に搦め捕られるリアノ。〈影王〉とは何者か。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレで面白さが減るタイプの作品なので未読の方はご注意を。

 

この作品は、大まかに分けて3本の物語を同時に描いていきます。

1本めは、孤独な少女リアノと喋る髑髏の不思議な旅の物語。

2本めは、夢を追って家を飛び出したリアノの兄ガレルーンの物語。

3本めは、影王に喚ばれ、呪われた都を訪れたイーラヴィワンの物語。

それぞれがどういう風に関わるのか分からないまま、3本の物語が交互に描かれていきます。
そして終盤に近づくにつれて、それぞれが物語全体の中でどういう位置づけにあるのか、バラバラな場所で生きる彼らが本当はどんな関係にあるのかが明らかになっていくのです。

 

3つの物語と4人の主要人物を描くため、ちょっと急ぎ足で掘り下げ不足の感はありますが、限られたページの中で可能な限り各人を魅力的に描いている作品だと思いました。
特に3つの物語をつなぐ要である喋る髑髏が愛嬌たっぷりで良かった。
個人的には髑髏とリアノの旅をもっと見ていたかった気もしますが、構成上彼らが早々にはぐれてしまうのは仕方なかったのかもしれません。

 

リアノの物語自体は冒険ファンタジー的に楽しめるものの、他2本は悲劇の色合いが割と強く、それらと合流したときにリアノに何が起こるのかドキドキしながら読んだ本作。
イーラが都を脱出したあたりで察するものがあったのですが、全部読むとなるほどそう繋がるのかと感嘆してしまいました。

 

しかし、これ、ファンタジーというよりSFなのでは・・・・・・。

 

巻末掲載の選評でも突っ込まれていましたね。物語の出来は良いけれど「特別賞」というのも納得。

 

個人的にはファンタジーにこのオチを持ってくること自体は構わないのですが、それならそれでパラドックスについてもう少し踏み込んだ説明が欲しかった気がします。
おそらく別の誰かが代わりに立って云々という話だとは思うのですが、起点についての説明があやふやに感じたのは引っかかりました。

 

まぁそのへんを深く突っ込んで説明すると、それこそSFでカテエラだってことになるのかもしれませんが。ううむファンタジーの枠内って難しい。

 

そういうわけで、オチに微妙な消化不良を感じてしまったものの、物語自体は良かったと思います。
これから起こる悲劇は止められても失われたものは戻らない・・・・・・と見せかけてのハッピーエンドは読後感が良くて素敵でした( ´ ▽ ` )

 

今後に期待できそうな新人作品だったと思います。
次回作は三部作くらいでどっしりと重厚なファンタジーを書いてみてほしいな。楽しみにしています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。