影王の都

『影王の都』(羽角曜著/創元推理文庫)★★★☆☆

影王の都 (創元推理文庫)
影王の都 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
第1回創元ファンタジイ新人賞「選考委員特別賞」受賞作。
喋る髑髏と出会ったことで生まれ育った村から旅立つことを決意した少女リアノ。彼女の旅路を中心に描きながら、呪われた影王の都を巡って繰り広げられるミステリアスなストーリーは読み応えがありました。
繊細な語り口は好みだし、喋る髑髏の愛嬌も良かった。物語そのものの構造も面白かったのですが、オチでちょっと混乱してしまったり。

☆あらすじ☆
村はずれに一人住む少女リアノ。両親が相次いで亡くなり、兄も夢を追って家を出ていってしまった。そんな孤独な彼女のもとにある日やってきたのは、口をきく髑髏。図々しいことに髑髏はリアノに砂漠に連れていって欲しいと求めた。若く美しい娘としゃべる髑髏の奇妙な道行き。だが砂漠で待っていたのは、〈影王〉が統べる呪われた〈影の都〉。不老不死を望んで神の怒りにふれ、永遠に砂漠を彷徨う運命になったという伝説の都だった。捻れた運命の糸に搦め捕られるリアノ。〈影王〉とは何者か。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレで面白さが減るタイプの作品なので未読の方はご注意を。

続きを読む 影王の都